今年の樺細工伝統工芸展において2つの賞をいただきました。
どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

・秋田県議会議長賞:reconstructions 再構築
・AAB秋田朝日放送賞テレビ賞:Essence

日にち:10月21日(木)~10月27日(水)
時 間:9:00~17:00
場 所:角館樺細工伝承館
住 所:仙北市角館町表町下丁10-1

◎reconstructions 再構築

樺細工の製品は、その素材の特性と制約により、ほとんどが単純な形状をしてい
ます。
”展開図が描ければ、もっといろいろなかたちがつくれるはず” 制約を超えられ
るかも知れないという仮説のもと、定石化した造形を再構築し、樺細工の未来を
つくっていく試みです。
底面が楕円の茶筒の名称:楕円から楕円
底面が正円の茶筒の名称:正円から楕円
六角形の茶筒の名称:六角形から六角形
【デザイン】伊東祥次

◎Essence

“様々なインテリア空間に溶け込むシンプルに研ぎ澄まされた樺細工”
自然素材の個性を活かしながら、精度の高い加工で作り上げたシンプルなケース
はシーンを選ばず空間に溶け込みます。シンプルが故に難しくなる直線・エッ
ジ・平面の精度を職人の技術で表現したこだわりの逸品です。
【デザイン】川瀬和幸