秋田県角館の伝統工芸「樺細工」

樺とは野生のヤマザクラの樹皮のこと。18世紀末に佐竹北家により、秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたのが始まりとされています。

角館の“かばざいく”は、「樺細工」または「桜皮細工」と表記されます。旧来「樺細工」と書かれてきましたが、“樺”の字から“白樺”の樹皮を使った製品との誤解を招きやすいため、桜皮細工という表記も使用するようになっています。

古くは桜の樹皮(いわゆる「桜皮」のこと)を「かには」と呼び、正倉院の御物や、筆、弓、刀の鞘などにも山桜の樹皮を使ったものが見られます。その工法は、江戸時代中期に秋田県北部の阿仁地方に伝承された山桜の皮を利用した細工の技術を、佐竹北家の武士、藤村彦六が習得したのが始まりと伝えられています。

藩政期の細工物には、印籠、眼鏡入れ、胴乱などが確認されています。明治期に入ると、禄を失った武士たちがもともと内職であった樺細工に本業として取り組み、新しい製品を開発するとともに、商品として問屋を介して徐々に市場を開拓し、大正期には秋田県の特産品として中央の博覧会にも出品されています。

樺細工製品は、その技術・工法により大きく次の4つに分けることができます。

型もの(仕込みもの)ー 木型を使って仕込む技法。茶筒、印籠、胴乱など
木地もの ー 硯箱、文庫、飾り棚、茶櫃、重箱などのいわゆる箱もの
たたみもの ー 皮を何層にも膠を使って貼り合わせたブロックをつくり、それを削って造形する技法。
ブローチ、カフス、タイピンなどの装身具、印籠、胴乱の根付など
文様付け ー 茶筒、茶櫃や色紙掛けなど他の製品への文様付け

昭和51年(1976年)には、秋田県で初めて国の「伝統的工芸品」に指定されました。 樺細工は“一属一種”の世界に類例のない工芸品であり、自然素材の美しさ、温かさによって広く愛されています。

近代民芸運動の先駆者である柳宗悦氏は「日本の樹である桜が皮として使われる、日本固有のものである」と、国際的視野から評価しています。

工藝 百十二より 「樺細工の道」柳宗悦(昭和17年12月15日発行)

櫻のことは、花でその名が高い。大和心にそれを譬へた和歌は子供ですら知つてゐる。晝家は又どんなにそれを晝題として好んだであらう。模様にも廣く取り容れられた。木材としては、目がつんでゐるので、とりわけ版木に悅ばれ、好んで彫師が之に刀をあてた。家具にしたとて膚艶がいゝ。

だが、樺細工は皮細工である。櫻の皮が有つ特別な性質が、この工藝を招いたのである。それは三つの點に於て、とても貴重な資材だと思へる。一つは櫻皮か有つ美しい色彩である。澁い赤紫の色調である。二つにはその光澤である。磨けば膚艶が漆の如く光る。三つには强靱さである。横には裂け易いが、縦にはとても强く、並々の力では裂くことが出來ぬ。是等の三つの德性が集つて、樺細工を類のない仕事に誘つた。

こゝで私達はこの仕事が最初から如何に天與の惠みに賴ってゐるかを知ることが出來る。自然の資材がこんなにも隅々まで、その力や美を示すものも少い。このことは如何にこの細工が、工藝品として安全な又必然な道に立つてゐるかを告げてくれる。なぜなら資材あつての工藝だと云ふことは、工藝の第一の約束だと云つてもいゝからである。樺細工は極めて優れた材料に立つ工藝品だと云はねばならない。こゝに動かすことの出來ない樺細工の强みがある。

だからこの仕事に招かれる技や術は、天與の資材を、どういや輝かすかにかゝつてゐる。何もこの種の工藝ばかりのことではないが、とりわけ樺皮に於てはこのことが云へる。材料の美が目立つて著しいからである。自然の惠みに浴するのが樺細工である。

茶筒の製造工程

山桜の樹皮を薄く削りコテで木地に張りつけてつくられる樺細工は、世界でも類を見ない樹皮工芸と言われ、全国でも角館だけにその技術が引き継がれています。

樹皮にはあめ皮、ちらし皮、ひび皮など12種類程あり、天然の素材であるため仕上げられた作品に同一のものはありません。滑らかで強靱、しかも湿気を避け乾燥を防ぐという特質から、古くは薬籠や煙草入れ、現在では茶筒やなつめに多く使われています。

茶筒の製造工程

道具

木槌、胴突きノコギリ、カンナ、罫引、綴目、トクサ板など、様々な道具が使われています。

1. 樺削り

材料となる山桜の樹皮(樺)は、最高の皮とされる“ひび皮”、滑らかな“あめ皮”、ちりめん状に見える“ちりめん皮”など多種多様です。その樺を、つくるモノの大きさに合わせて裁断。 水を湿らせて熱したコテをあてて蒸し、しごいて樺を柔らかくします。表面を幅広の包丁で削ることで、 色を均等にするとともに、樺に光沢を出します。

2. にかわ塗り

細工がしやすいように、薄く削った樺ににかわを塗って乾かしておきます。

3. 仕込み「仕込みの段取り」

経木ににかわを塗って乾燥させたのち 木型に巻きつけ、200度位に温めたコテを押しつけ円筒状にし、 3枚重ねて原型をつくります。

4. 仕込み「内樺入れ」

3でつくった経木の原型の内側ににかわを塗り、樺を貼りつけます。

5. 仕込み「口樺作り」

茶筒の蓋を取ったときに見える胴体の口部分に使う口樺。 にかわ塗りをした樺をちょうど良い大きさに裁断し、原型より一回り小さな経木に巻きつけます。

6. 仕込み「口樺着せ」

5を4の内側に貼りつけます。

7. 貼り付け「蓋と芯の切り離し」

蓋と胴体に分けるため、小刀で切り離します。

8. 貼り付け「胴貼り」

胴体部分ににかわを塗り、コテを使って樺を巻きつけます。 コテを水につけて樺が焼けない温度を判断しながら、しわが残らないように 何度も押し付けて経木になじませます。にかわとコテの熱加減に熟練の技が必要とされます。

9. 貼り付け「節埋め」

材料となる山桜の樹皮(樺)は、最高の皮とされる“ひび皮”、滑らかな“あめ皮”、ちりめん状に見える“ちりめん皮”など多種多様です。その樺を、つくるモノの大きさに合わせて裁断。 水を湿らせて熱したコテをあてて蒸し、しごいて樺を柔らかくします。表面を幅広の包丁で削ることで、 色を均等にするとともに、樺に光沢を出します。

10. 貼り付け「天盛り」

茶筒の天と底を加工します。小刀で削ってカンナをかけ、縁をならします。 胴体と同様にかわとコテを使って樺を貼りつけます。 天が終わったら、底の部分も同様に加工します。

11. 仕上げ

樺の表面に光沢を出すための磨きの工程。まずサンドペーパーが6段階。 180番から800番まで徐々に細かいものにしていきます。 次にとの粉で磨き、最後に鬢つけ油で仕上げます。